スキンケア商品の気になる成分
スキンケア商品の気になる成分

スキンケアで使用したくない成分とは

多くの女性は身だしなみの一つときてメイクをして外出をする事が多いです。そんな毎日皮膚に直接のせる化粧品ですから、肌に良い物を選びたいのは自然なことです。だけど実際は、何が良くて何が悪いのかなんて、化粧品の箱に書かれている文字を見てもわかりませんよね。でも裏を返せば書かれている文字を理解すれば大丈夫という事です。ある程度の知識さえ持っていれば、化粧品は選ぶ事は難しくありません。いくつかの例ですが、パラベンほ殺菌防腐剤で使用は控えたく、香料も化学合成物の表示であり、アレルギー発生の多いとの報告もあります。これはほんの一部です。食べ物には消費期限や賞味期限があるのに、化粧品では見た事がありません。開けたら勿体無いので無くなるまで使っていませんか。自然の物ならば開封した途端に空気中のゴミや、手指の菌がつき、化粧品の中で菌が大増殖してしまうものです。それを防ぐ為に、多くの化粧品には保存料や防腐剤が使われています。親切に化粧品には成分を書いていますが、大半はあまり使用したくないものばかりで驚きます。

使用を控えたい商品は周りに溢れています。赤ちゃんにも使えます、と良い商品であるとアピールしているのに、実際は使用すべきではない成分を使っている物が殆どです。私は肌が弱い方なので、精製水を購入して、インターネット通販で買ったヒアルロン酸の粉末を溶かし、良く振って手作り化粧水として利用しています。お陰でお肌は状態が良いと思います。お肌に悪い物は避け、自分に合う化粧品を使っていきたいです。毎日のスキンケアが将来の美しい肌へと導いてくれます。

Copyright (C)2017スキンケア商品の気になる成分.All rights reserved.