スキンケア商品の気になる成分
スキンケア商品の気になる成分

スキンケア商品の気になる成分

スキンケアというと主に顔へはたらきかけと考えます。年齢を重ねるにつれ、皮膚の老化乾燥、細胞の酸化、そして皮膚の非薄化。肌老化が進んでいきます。顔のシミ、しわ、くすみなどはもちろんですが、最近最も顕著に現れだしたのが手の甲の血管が浮き出てきていること。これは肌が非薄化している証拠でしょうか。顔同様、ファンデーションなどで隠すこともできるかもしれませんが、手を洗ったりしますので一日中隠してとはなかなかいきません。真皮層のコラーゲンやエラスチンの量が減少し、肌細胞を作り出す力も衰え、表皮も薄くなっていきますがこれには女性ホルモンが関係しているようです。女性ホルモンに関してはイソフラボンが注目されています。

自分でできる対策としては紫外線や活性酸素などの外的要因をなくす。それから肌再生を促すよういわゆるターンオーバーを正常にするということくらいなのでしょうか。注目の成分といえばビタミンC。以前から「肌によい」という認識はありましたが実際、大変壊れやすい成分のためどの程度の効果が期待されているのかよくわかりません。そこでビタミン誘導体という成分が注目のようです。こわれにくく、皮膚に有効成分が浸透し、浸透した有効成分が真皮層の線維芽細胞を活性化して、コラーゲンを生成してくれるということです。ふっくら弾力のある肌をささえるコラーゲンの生成が必要なのですね。

手のシミもきになります。これも同じく外的要因に気をつけることは大切。ここでも美肌の万能成分、ビタミンCが注目です。紫外線などの刺激が与えられると活性酸素が発生して、細胞が傷つけられてしまいますが、ビタミンCにはそれを防ぐ作用があります。特にビタミンC誘導体は紫外線が当たっても、酸化しないそうです。普段使っているスキンケア商品の成分をじっくりみてみるということはあまりしませんが、近年のさまざまな研究から有効成分を取り入れた肌への負担の少ない優れた商品が開発されているようです。いつまでもきれいでいたいと思う女性にとって今後も期待していきたいと思います。

Copyright (C)2017スキンケア商品の気になる成分.All rights reserved.